出会い系サイトから架空請求書が届いたらどうする?

◆架空請求◆

架空請求とは『ワン切り』による不当かつ架空の料金請求、『ダイヤルQ2』や『ツーショットダイヤル』などを利用の不当請求の流れから来ていて今度はインターネットのメールを利用した架空請求が増加しており、被害者は後を絶ちません

これだけ世間を騒がせ警視庁はもちろんテレビ、新聞、インターネットで対策と被害状況を告知しているのにも関わらずまだまだ騙されお金を振り込んでしまっている方がたくさんいます。

この対処ほうとして身に覚えのない料金『身の覚えのある料金』も放置、無視するのが一番と各メディアは対策として提示していますが、最近ではこの無視を逆手に取った新しい手口『少額訴訟』まででてきました。

しかしながらまだ架空請求に悩まされている人がいるので内容と対策を説明したいと思います。

◆架空請求とは?◆

使った覚えのない出会い系サイトの利用料金、アダルトコンテンツの利用料金などが電子メール、ハガキなどにて届けられる不当な料金、架空の料金請求の事を指します。

もし貴方がこのようなコンテンツを過去に利用した事がなければ不審に思う可能性もありますが
過去に一度でもアダルトサイト、出会い系サイトを利用した事があれば心のどこかでひょっとしてあの時??・・・・・ なんて事になるかもしれません。

その心理を突き不安になって、支払い業者から『カモリスト』に追加され、脅迫電話、追加料金など同様の請求が際限なく続くことになります

しかもこの業者は債務(借金)を正当に譲渡された者で、債権譲渡通知書も送り、再三再四連絡を取っているがあなたからの入金が確認できない。一日も早く支払いなさいといった内容で通知し、あたかも自分には正当な権利があると申し出てきます。

◆もし自分に届いたらどうする?◆

- 対策は簡単、無視するだけ-

支払う必要がないので、無視してください。電話などで請求があった場合でも、毅然として支払いを拒否してください。

-間違っても連絡しない-

連絡すると、自宅や勤務先などの様々な個人情報を聞き出されるなど、相手のペースにはまり、逃げ出せなくなりますので、絶対に連絡しないようにしてください。。一度でも連絡をすると、しつこく何度も請求してきます。

◆それでも不安どうしたらいいの?◆

『こういった情報はよくみるけど本当に自分が使ったかもしれないし本当に放置で大丈夫?』
などといったメールをたまに頂きます。

本当に不安でしたら以下のサイトにて確認するのが一番良いと思います。

全国の消費生活センター
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

警察庁ハイテク犯罪対策のページ
http://www.npa.go.jp/cyber/

※相談する際は送られてきたメールの内容、ハガキなどを忘れずに。