勝手に課金されている被害

◆自動的にポイントを購入させられる手口◆

出会い系サイトでよくある手口がこれ入口などに「完全無料」などの告知をしておきサイトの規約を読むと
無料なのは最初の24時間とか3日とか記載されています。

それも完全無料は非常に目につく場所に書き込まれていて肝心のサイト利用規約は分かりにくい場所と言うでしょう。よく調べないと発見できない場所に設けられている場合があります。

無料時間を過ぎ1ポイントでも利用されていると使用されたサイト側が数千円、数万円の請求が出来る仕組みです。 しかも自らサイト退会の手続きをしない限りポイントを使用され続ける可能性があります。

◆もし優良サイトなら◆

ポイント制の有料サイトではたいてい最初にお試しの無料ポイントがもらえます。通常のサイトであればお試しポイントが終わると同時にメールの送受信ができなくなり、その後利用したいなら自分で購入する仕組みになています。

しかし悪質サイトならお試しポイントが終わってもメールの送受信ができてしまい気づいた時には勝手にポイント、課金が追加されてしまいます。悪質な出会い系サイトではこの手口が非常に多く、実際利用者は規約に書かれている為勝手に課金を追加されたにも関わらず支払ってしまう場合が多いようです。

◆料金を支払わないと退会できない場合も◆

もっと悪質なケースでは退会の手続きをした場合には、返信のメールが来て、利用規約に書いてある金額を支払わないと、退会できない、といった案内のほかにも、3日以降経っても支払わない場合には、例えば1日あたり5000円の延滞金と、さらには事務手数料も加算される、と書かれている場合もある。

◆対策◆

常識的に考えれば分かると思いますがが支払う必要はありません。
クレジットで購入にしても、振込みで支払いにしても、本人の了承を得ないで請求すると不当請求にあたります。

しかしながら全てのケースに当てはめる事はできませんので被害に合われた方は消費者センターへ相談するのが

一番早いと思います。消費者センターへ相談する前に必ずサイト名、アドレスを提示できるようにしておいてください。