特定商取引法についてわかりやすく解説

出会い系サイトに関わらず、ネット上で通信販売を行っている全てのサイトは特定商取引法に基づく表示が義務付けられています。

特定商取引法に基づく表示とは通信販売などの販売形態において、取引の相手方である一般消費者が不当な損害を被ることがある実態に鑑み、消費者保護や取引の公正化を図る目的から諸規定を設けています。

◆特定商取引法に基づく表示例◆

■事業者名  
■店舗名
■所在地  
■電話番号
■創業  
■設立  
■代表者名
■営業時間
■販売価格
■付帯的費用
■お支払時期
■お支払方法
■役務内容
■ご返金
■返品方法

などがあります。もちろんこれにもガイドラインが設けられ日本通信販売協会が管理しています。

このような特定商取引法に基づく表示をしていないサイトはなにかしら提示できない理由があり明らかにおかしいです。 もちろん嘘の内容を書いてあたかもうちは健全に運営していると言わんばかりの会社もあります。

ネットショップや出会い系サイトなどネット上で支払いが発生するサービスを利用するときは事前に特定商取引法の表示ページを確認するようにしてください。 残念ながら多くのネットユーザーはネットでの買い物に慣れてしまい、ネットでの会員登録時や買い物時の決算時の規約や特定商取引法の内容を全く見ないユーザーが多いです。

特定商取引法でキャンセルやクーリングオフについて出来ない事が書いてあって、後からキャンセルの希望を出してりする利用者も多数存在します。必ずネットサービスを利用する時は規約、特定商取引の表示を確認するようにしましょう。