個人情報保護法

直接出会い系サイトには関係なさそうですが、個人情報の売買が盛んに行われている業界という事と2005年4月から施行された新しい法律なので記事として紹介します。

個人情報保護法とは個人情報の保護に関する法律は、「個人情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務等を定めることにより、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益の保護をすることを目的とする(第1条目的より抜粋)」ために定められた法律です。事業者が個人情報を取り扱う上で最低限守らなければならない義務等を定めています。この 法律の全文は首相官邸のHPなどで見ることができますので気になる方は詳細を確認してください。

 

個人情報保護法の個人情報取扱事業者にかかわる義務 主な概要 ● 利用目的(第15条、第16条)
・ 利用目的をできる限り特定
・ 利用目的の範囲内での利用
・ 利用目的以外の使用に対する本人の同意の必要性

 

● 適正な取得(第17条、第18条)
・ 個人情報の不正な取得の禁止
・ 利用目的の通知または公表

 

● 安全管理措置(第19条、第20条、第21条、第22条)
・ 利用目的の達成に必要範囲でのデータの正確性の確保
・ 漏えい、滅失、き損の防止その他の適切な安全管理
・ 従業者および委託先の適切な監督

 

● 第三者提供の制限(第23条)
・ 第三者提供における本人の同意の必要性

 

● 本人への権利対応(第24条―第27条)
・ 利用目的その他の必要事項を本人の知りえる状態に置く必要性
・ 本人からの開示・訂正・利用停止請求に対する対応
・ 苦情の処理を行うこと

 

こういった法律が定められた結果、今後個人情報の漏洩が発生した場合には、「事故」でなく「事件」になる、ということを意味します。これまでヤフー、楽天などさまざまな顧客名簿の漏洩事故などが度々報道されてきましたが今後は、お詫びの文面のみで解決といかなくなりました、場合によっては損害賠償を請求される事も考えられます。

個人情報保護法により規制された事

 

1.個人情報を入手する際は利用目的を明示する。
2.利用目的以外に個人情報を利用できない。
3.購入した名簿でDMを出すことは出来ない。
4.委託業者でのデータ処理は発注元に責任にある。
5.個人情報保護の社内体制を構築する。
7.個人情報苦情窓口を設置する。

 

こういった法律は悪徳業者にはかなりダメージを与えた事も考えられるが守っている業者はほとんどいないでしょう。安易に個人情報を入力すれば今後間違いなく知らない所からスパムメールも送られてきます。故に悪徳業者なのです。

管理者一押しの安心・安全のサイト

騙されない為にはサイト選びが一番重要!

どのサイトを選んでいいか分からない、トラブルに巻き込まれたくない。そんな人は下記のサイトを利用してください。サクラもいなければ不当な料金を請求される事はありません。

LOVE

チャンス!管理者一押し!

女性のクチコミから最大級の規模になったサイト。女性会員が過半数を占めているため、積極的に女性からのメールが届きます。恋人〜結婚まで、様々なニーズに応えてくれる人気サイト。

FirstMail

セフレに特化しているので純粋に彼女や彼氏がほしいと思っている人には不向き。男性も女性もセフレを探している人だけなので割り切り出会い目的なら話が早い。

ティセラ

最近オープンした新規サイト。新規サイトは初期に雑誌媒体等で広告を大量にだして会員獲得をする。その為、出会い系に慣れていない層が多い。それが功を奏してか出会うまでのプロセスが短かったり、割り切り目的の出会い等が比較的しやすい。

セフレ募集に特化したサイト

Feel Love

セフレ・不倫専門のマッチングサイト。 割り切り目的の男女がメイン。コツはPRの欄に細かく条件を書くこと。女性側からのメッセージが多く活発にサイトが利用されている事が伺える。

セフレゲット

サイト名の通りセフレ探してくれるサイト。セフレに特化しているので純粋に彼女や彼氏がほしいと思っている人には不向き。男性も女性もセフレを探している人だけなので割り切り出会い目的なら話が早い。

セフレマッチング

3分でセフレゲットを謳い文句に会員を広く募集している。セフレ専門の出会い系サイトとして定評がある。実際3分でゲットできる事はないが、男女ともにセフレ目的なので話が早い。恋愛や友達探しには向いていない